朝の新幹線

2019.08.20 Tuesday 08:28
0
    すいません

    と 呟く人は一見何も悪いことをしていないように思える

    日本という空気の中に生きていることがそうさせてしまうのか

    人に迷惑をかけてはいけないという 正義が 個々にあることで謝ってばかりいなきゃいけない空気をつくっているのかもしれない

    でも僕は海外で暮らしたことが無いからその事実関係がわからない

    もうすぐ たまちゃんが産まれてくる

    そういうことはもしかしたらたまちゃんが教えてくれるのかもしれない

    大人になって見えなくなってしまったことをもう一度一緒に探していきたいと思う

    ギターを抱いてお昼寝



    category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

    岐阜は養老にある五三川

    2019.08.16 Friday 22:53
    0
      このお盆は 父親と3日続けて釣りに行った

      岐阜の養老町にある五三川へ

      信じられないくらいの猛暑

      汗が止めどなく溢れてきて集中力を奪われていきます

      朝から 様々な手を尽くしますが反応無し

      15時ごろ 上流域の細池あたり
      インレットの脇 ジャリの底質で明らかに水が良いエリア ちょい沖の ブレイクに フリックシェイク4.8 のネコリグ
      にあたりが

      45?


      そのご インレット の脇に チャターベイトをキャスト 40cm

      父と仕事の話
      クオリティオブライフの話を
      じっくりしながら

      釣りをした


      この時間は僕にとってとても大切です


      category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

      TINYRECORD セルフライナーノーツ「ハーモニー」

      2018.11.25 Sunday 19:05
      0
        ハーモニー

        30歳も過ぎて
        ここ最近全てにおいて
        おじいちゃん化(あくまでぼくのイメージ) してきた気がする

        ご飯も食べ過ぎは辛いので少しばかり
        できればお魚が食べたい
        音楽は フォーク とか クラシック とか
        それもなるべく自我の少ない音楽を聴きたい
        お茶が好きで
        蜜柑が好き
        よく分からないが服は自然と茶色を選んでいる

        結婚して妻が家の中に植物を置くようになった
        最初は「なんでそんな煩わしいことを?」と思っていたが
        いざ家の中にいると 彼らに情が沸いてきた

        妻と暮らす中で
        様々な学びがある

        結局 やはり
        互いの 小さな優しさ の積み重ね
        が大切なのだと 感じている

        あまりにもありふれた言葉だが

        こんなことを言われたら嫌だろうなあ

        と想像して
        そっと引っ込む

        ここぞというときは堂々と主旋を行く

        これはお仕事をしている時
        同僚や上司 お客様 との関係性でも大切だと感じている

        人と人との調和


        この楽曲は 目の前に見える景色のスケッチでしかない

        それ以上でも
        それ以下でもないので

        のんびりな気持ちで聞いてね
        category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

        潜り抜けた修羅場の数

        2018.11.11 Sunday 19:15
        0
          先日 11月4日 に 新譜のフルアルバム
          「TINY RECORD」をリリースしました

          高校からの友人 cinema staff に誘って頂き 岐阜市主催のコンサート レコ発となった

          そのライブは 音楽を表現できる喜びと それを続けていられる感慨に溢れていた


          新譜のタイニーレコードは レコーディング、演奏、アートワーク 諸々 D.I.Y で作りあげた

          30歳になってはじめての音源は 今の自分自身の清濁全てを記録したいと考え 未熟でも自分でやりきろうと決めた

          小規模な記録
          タイニーレコード


          音圧は小さくて
          終始 静かな曲で構成している

          きっと聴いてる内に眠くなってしまうと思う

          自分も好きなアルバムの中に
          聴くと絶対寝てしまうアルバムがある

          人間関係でも この人といると 限りなく自然体で入られて 力が抜けて 隣で寝てしまいそうになる みたいな人がいる

          そういうものを作りたいと思った

          是非それくらいの気持ちで聴いて頂きたい

          今後このブログで 各楽曲のライナーノーツを書いていきたいと思う

          くたびれた電車の中で
          なんの気負いもなく聴いてほしい



          「TINY RECORD」
          1.ハーモニー
          2.サウスマウンテンユニバーシティ
          3.アパート
          4.釣行
          5.少年
          6.記録
          7.永遠の中庭
          8.世捨て人の灯台
          9.紫陽花のポポニャーラ
          10.誇り
          11.春の手紙
          12.風のゴルドベルグ
          13.幸せ
          詩集付き
          ¥2,000

          category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

          役所の食堂

          2018.10.20 Saturday 08:17
          0
            仕事柄行くことが多いので良く利用している

            お母さん風の人たちが

            栄養のバランスを考えて作ってくれている

            とても身近に在る

            見える愛情





            category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

            時薬

            2018.10.08 Monday 01:21
            0
              時間が経つと

              色んな事が変わっていく

              その変化は

              時に何かを壊し

              時に何かを治す

              それは僕らの意思とは全く別のところで起こる作用

              僕らはただご飯を食べて

              働き

              眠るしかない

              この患いは

              時に委ねて

              category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

              記録

              2018.09.17 Monday 01:48
              0
                アルバムの制作をしている

                ドゥーイットマイセルフで作っているので
                本当に孤軍奮闘だ

                家で録音しているので

                バラードを歌唱しているときに

                キャベツを電子レンジで加熱した

                チーンの音が割り込んできて

                最初から歌い直したりしている

                美味しいご飯は何より大切なので仕方がない

                以前ライブハウスでとあるシンガーが言っていた

                ノーミュージックノーライフではなくて

                ノーライフノーミュージックだ と

                解釈の仕方は色々あるけれど

                私も同感だ

                生活があって音楽がある

                今このアルバムにはその温度をちゃんとパッケージしたい

                いずれにせよ楽しくじっくり真剣に制作しています

                生活の上の

                小さな記録を





                category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                貧しさ

                2018.09.17 Monday 01:36
                0
                  上京したての頃

                  僕は脱サラをしており収入がなかった

                  音楽を生業としたかったのでバイトもしていなかった

                  頼りは限られた貯金

                  だからご飯は徹底的に節約した

                  当時住んでいた溝の口駅から家の間にドラッグストアーがあり、そこの食料品が安かったのでそれらで何とかやりくりした

                  もやし お豆腐 をバターで炒めて ご飯の上に乗っけたり

                  それが美味しかった〜

                  今食べても変わらず美味しい

                  段々そのドラッグストアーの食料品だけで3食をこなすのが楽しくなってきた

                  人生には様々な形のモラトリアムが存在する

                  そして様々な形の貧しさが存在する

                  その全てに意味があろうが無かろうが

                  静かに楽しめる心を忘れたくない



                  category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                  舌への記録

                  2018.09.06 Thursday 00:57
                  0
                    先日

                    群馬県は渋川市にある永井食堂に連れていってもらった

                    仕事のお昼で、群馬県のOBの方が

                    1度食べてから忘れられない味

                    と連れていってくれた

                    もつ煮定食

                    560円

                    ご飯は何も言わなくても大盛り

                    もつ煮は少しピリ辛

                    濃いめの味付け

                    白米と食べると疲れた体に染み込む

                    特に画期的な味わいではない

                    でも、OBの方がおっしゃったように

                    忘れられない

                    舌に明確に記録されている

                    気の強い、でも段取りバッチリなお母さん

                    汗をかきながら大盛りを食らうお兄さん

                    他にも気になるハムエッグ定食

                    県道沿いの簡素な景色

                    これが 絶妙 だ と思った

                    音楽にもこんな絶妙が在るだろう

                    舌に 耳に 記憶に

                    レコーディングされる絶妙が




                    category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                    信じる とは

                    2018.09.02 Sunday 23:30
                    0
                      このお休みに

                      栃木県の山奥にある古峯神社へ妻と一緒に参拝してきた

                      なぜかこの場所に来ると 体も心も 清々しい感じになる

                      茶屋ではお蕎麦やうどんも美味しく食べた

                      信じる と言うことは

                      何なんだろうと行きの電車の中で考えていたけれどなかなかうまく表現できなかった

                      でも 信じる ことは

                      目や耳や皮膚やそういうものではとらえられない何かを肯定する事

                      それは自分の為であり、誰かの為であり、世界の為でもある

                      ただ、僕らは弱いから

                      言葉や仕草や、音や そうやって信じてもらおうとし それによって信じてみようとする

                      生きていることに答えは無い

                      全ては自分の心を通して

                      信じてみるしかない

                      その先に 柔らかいものがあると信じて










                      category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM