詩 2016 09 28

2016.09.28 Wednesday 01:52
0
    あの高層ビルで

    流暢な英語で商談をするビジネスマンのように

    君も喫茶店で

    流暢な日本語で誰かの悪口を言っているじゃないか
    category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

    詩 20160928

    2016.09.28 Wednesday 01:47
    0
      やらないという勇気

      持たないという勇気

      暇であるという勇気

      何にもないところから

      人は考え

      創り出す


      category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

      詩 2016 0926

      2016.09.26 Monday 01:29
      0
        「静寂」

        ふと静寂を知りたくなって

        ジョニミッチェルの音楽を止め

        エアコンを消した

        換気扇を消して

        目覚まし時計の電池も抜いた

        それでもなお

        自分の心臓の鼓動が聴こえる

        そして本当の静寂は物理的には無いことに気が付く

        あるとしても、それはずっと先の事

        そして、温かい沢山の音をまた付ける

        気が付かないうちに沢山のそれらに

        僕は救われている
        category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

        詩 2016 09 25

        2016.09.25 Sunday 20:57
        0
          「雨の日の約束」

          彼女は雨を愛した

          雨の日の世界を

          溢れてしまっている言葉が

          そっと流されていく様で

          彼女は僕に言った

          「雨の日は1日この部屋にいて。

          時間を忘れるように

          日々の話をしてほしい。」

          遠くで電車の音がする

          揺れる若葉の音がする

          誰かのため息は

          世界に鳴ったハーモニー


          あの日、君とした約束

          雨の日は、雨の日だけは

          私をおいてけぼりにしないでほしい


          今でも雨が降ると

          彼女の背中を思い出す
          category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

          詩3

          2016.09.24 Saturday 15:36
          0
            モスグリーンの傘を指して歩いている

            5日間降り続ける雨はまだ止まず

            がらがらの大衆居酒屋からおばちゃんが外を眺めている

            うつむいて歩く若い女性は美しく

            私はここ最近、悩まされた口内炎が治っていることに気が付く

            車の通りが無い横断歩道で赤信号を待っている

            宛の無い正義感を指して

            私はあと何分待てば良いのだろう

            ふと昨日見た詩人のドキュメンタリーの内容を思い出す

            そして小さく感動した

            雨が降るこの街は

            いつもよりずっと静かで

            歩きやすい


            category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

            詩2

            2016.09.22 Thursday 21:43
            0
              「一人ぼっちの郵便ポスト」

              ダスター通りの二番地
              通行人は殆んど無い
              そこにたたずむ彼は
              人々から完全に忘れ去られている
              彼は忘れられていることさえ忘れられているのだ
              いつしか彼は目をつむり、視界を閉ざした

              しかし、ここ最近「コツンコツン」という音が聞こえてくる。
              どうやら、近所に住む認知症の老人が、ここらを徘徊している様である。
              老人は何かを探しているようである。
              老人の事が気になった彼は、たまらず視界を開いた。
              老人はこちらに近づいて来て、おもむろに手紙を彼の中に落とした。

              それは、無くしてしまった奥様へのラブレター。
              若かりし頃から、老人がラブレターを持ってきていることを思い出した。

              忘れられただけで、存在する何かが確かにそこにはあった。

              category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

              2016.09.22 Thursday 21:37
              0
                ありのままでいられるのならいつでもそうしたいけど、いつもそうは居られない。
                僕らは決していつも美しいわけじゃない。

                しかしながら
                寂しいも
                悲しいも
                悔しいも
                浅ましいも
                卑しいも
                嬉しいも
                楽しいも
                愛しいも
                優しいも

                全てはありのままの感情

                何年も歌われるこのテーマに
                今日も答えはない。
                category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                九州

                2016.06.19 Sunday 16:18
                0
                  皆さんこんばんわ

                  中山です

                  好きな明智は光秀です

                  今、飛行機の中でこの文章を綴っております。

                  今から、福岡に向かい、明日の朝は益城町での、災害ボランティアに参加致します。

                  僕自身、こういったものに参加すること自体が初めてであるので、今、向こうでは何が必要で、自分に何ができるのかは まだわかりませんが 何にせよ 「一生懸命 」を念頭に行こうと思います。

                  約1年ぶりに、飛行機に乗っているわけですが、毎度の事ながら感動してしまいます。
                  か細い翼と、エンジンと、力学 で空を飛んでいる。

                  どれだけの人の試行錯誤や情熱の積み重ねの末にこうやって、当たり前のように空を飛んで、移動をすることができるようになったのか。

                  僕が知ってるのは、ライト兄弟が実験と失敗を繰り返していた模様を、昔何かの漫画で読んだくらいです。

                  自分が知らない事、まったく知識が及ばない事象 に直面すると。「ほえ〜〜」とアホづらで感心してしまいます。

                  知らない事だらけだなあ。
                  というか、ほとんどのことを知らない なあ。

                  なんで、空があって海があって、土があって風が吹くのだろう。

                  なんで人間はこんなにも、知恵をつけて色んなものを生み出したんだろう。

                  なんで、人を思いやることができるのに憎しみを持ってしまうんだろう。

                  なんで、トマトは赤いんだろう。

                  なんで、犬は可愛いと思うのに、トンボの顔がリアルフェイス過ぎて気持ちわりぃと思ってしまうんだろう。

                  なんで、亀梨くんの髪型はいつもあんなに決まっているんだろう。

                  なんで、議員さんは税金で旅行に行ってしまうんだろう。

                  なんで、トイレットペーパーの芯をトイレの左端にコレクションしてしまうんだろう。

                  なんで、もやし はあんなに安いんだろう。

                  なんで、墨田区と隅田川 の すみだ がちがうんだろう。

                  なんで、紅の豚はブタなのにカッコいいんだろう。


                  たぶん、全てに僕の知らない力学が働いているんだろうなあ

                  それら全てを知ろうとしたら、たぶん 頭がパンクしそう

                  ひとまず、機内ラジオでジャズでも聴きます。


                  福岡のホテルにチェックイン







                  さて、一つお知らせがございます。


                  〜中山将 official LINE 〜

                  が開設されました♪
                  ライブの情報、リリース情報、ラジオ放送のご案内、日々に流れる何の気ない言葉 etc.
                  定期的に情報発信していきます。
                  無料で登録可能です!

                  ↓是非登録お願いします♪
                  https://t.co/vZPbpQ8zYk






                  自分のなかに生まれた、気持ちも風景も物語も なるだけ音楽にしていきたいと思います。

                  前髪を掻き分けて、是非 見つめて頂きたく

                  よろしくお願いいたします♪




                  虫 よく噛んでサンドウィッチを食べる俺は、本当のサンドウィッチマン
                  category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                  風に舞い散る韓国のり

                  2016.05.17 Tuesday 12:38
                  0
                    霧雨の中央線からこんばんは 中山将です
                    誕生日は3月です

                    先週の5月14日土曜日は ヒトリルーム ふくちゃんと ツーマンライブでした

                    皆様本当にありがとうございました!!
                    リハーサル から 彼の音楽は やっぱり好きだ と実感しました

                    それは 音楽にとどまらず 人格や空気感も含めて 心から尊敬できて
                    ふくちゃんもそう感じてくれることで とってもナチュラルなグルーヴが産まれる

                    鹿とペンギン はそんな素晴らしいライブになったと思います。

                    ヒトリルーム と はすみさん(メロディーキッチン)の 編成も素晴らしかった 音楽を楽しんでいる姿には 言い知れぬ感動があります

                    僕もバイオリンの橋本さんとそんな気持ちでお届けしました













                    セットリストは

                    隕石が落ちた夜に
                    花火師の恋
                    小さいオッサンの国
                    新曲
                    椅子に座ったクマ
                    そんなに苦しいのなら
                    シルヴィアカフェ
                    僕のおじいちゃんは公園に住んでいる
                    少年


                    でした

                    皆様楽しんで頂けたでしょうか?
                    是非また感想を教えて下さいませ♪



                    cinema のみずきも 来ていて ライブあとは同じ年の3人 と はすみさん 橋本さん でプチ打ち上げを致しました♪




                    生まれた場所も 育った環境も 音楽を通して伝えたい事や景色も きっと違うけれど 何故か一緒にいて 心地よく 素直になれるのは 何故なんでしょう
                    詩を書いているのに 言葉にできないなんて情けないですが 一緒に音楽していくことで徐々に解明されていくことと思います


                    どうかこの 言葉にできない 感じを 感じに来てみて下さい( ´_ゝ`)



                    次は名古屋編!!
                    どうか 聴きに来てほしい
                    必ず 素敵な時間を 届けます

                    「鹿とペンギン〜名古屋待ち合わせ編〜」
                    ■6/4(土)
                    ■熱田ICメイツ
                    ■open17:30/start18:00
                    ■ticket 前3000円 D別
                    ■ヒトリルーム/中山将






                    名古屋は翌月にも あります
                    袈裟丸くん 仙人掌人形

                    ふくちゃんと同じ様に この二組といるときも 自然体に 音楽ができるなんて幸福な3マンなんだろう( ´,_ゝ`)



                    袈裟丸祐介×中山将×仙人掌人形
                    待望の3マンライブ!
                    「紫陽花のポポニャーラ」
                    7/3(日)鶴舞K.D Japon
                    17:30 open 18:00 start
                    前?2,500 当?3,000(1D別)


                    このライブでは各々が 紫陽花 にまつわる新曲を 当日初披露します どんな曲ができるのか そして二組がどんな曲を作ってくるのか楽しみでなりません

                    手売チケットやフライヤーを仙人掌人形のかなこちゃんが作ってくれました♪

                    聴きに来てみて下さい( ´_ゝ`)








                    そして 東京では素敵なイベントに呼んでもらいました


                    「響き合うものがたり story 08」

                    語り・朗読と音楽のコラボーレーションによる創作ステージ。
                    7月9日(土)
                    開場 18:30、開演 19:00
                    四谷天窓.comfort
                    出演:中山将、染井吉野、熊谷浩太郎、菅野秀之
                    ¥2,400 (ドリンク別)




                    ずっと大切に続けている ポエトリーリーディング このイベントでは そこを強く強調しています
                    言葉の力を 信じて ライブするつもりです
                    どうぞよろしくお願いいたします??







                    という事で 霧雨の阿佐ヶ谷に つきました。
                    皆様 素敵な今日を



                    虫 風に舞い散る韓国のり
                    category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                    風来坊

                    2016.05.08 Sunday 21:45
                    0
                      こんばんは

                      中山です
                      好きな天国はアドマチックです




                      昨日まで 多くの場所で演奏させて頂きました。

                      実家の岐阜に帰り、名古屋で ライブもさせて頂きました。

                      聴いてくださり、本当にありがとうございました。


                      写真をいくつか








                      久しぶりに会えた方々と、距離を少しずつ埋めるように会話を重ねたり、目を合わせたりすることで 自分の変化 相手の変化に気がつくことができます。

                      それでも、こうしてまた 音楽という傘の下でお会いできるのは 本当に本当に ありがたく 光栄なことで 様々な手助けのもと成り立っています。



                      どうもありがとうございます。



                      もっともっと 音楽を作り 表現したいと思います

                      おじいちゃんになるまで この歩みを止めません。



                      まだまだ 至らぬ点 もあるのがお恥ずかしいですが 是非また 聴きに来てみて頂けたらと強く思います。


                      次のライブです


                      5月14日(土)
                      ヒトリルーム&中山将2マンディナーライブ
                      「鹿とペンギン〜東京待ち合わせ編〜」
                      ■西新宿ナビカフェ
                      ■open18:00/start19:00
                      ■ticket 前売3000円 当日3500円 2オーダー制 https://t.co/05sWksA2Vt



                      あと1週間となりました。
                      まだ空席ございます!


                      ヒトリルーム ふくちゃん と音楽をすることは 自分にとってとても特別な事で

                      お互いの音楽を大好きで
                      そして弱さもわかっていて
                      この先もずっと自由に音楽をしたい気持ちをパッションをぶつけ合いたい

                      すごい化学反応を起こしたいと考えています

                      是非是非是非是非是非是非
                      聴きに来てみて下さいませ

                      何卒よろしくお願いいたします!!!



                      東京に戻りました。
                      隅田川のほとりは夜風が気持ち良いです♪




                      夜風と風来坊

                      Check
                      category:- | by:nakasyocomments(0)trackbacks(0)

                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM